ドッグフードは評判のいいものをチョイス|愛犬を守る

犬と女性

弔う方法も選べる時代

遺影

葬儀や火葬の種類

一口にペット供養と言ってもいろいろな種類があります。簡易で料金も安価な供養から、人と同じように個別葬も伴うような大掛かりなものまで選べます。そのためペット供養サービスを利用する場合、どういった種類があるのか前もって知識を備えておくのがベストです。具体的なペット供養の種類には、合同葬・個別葬・立ち会い葬に加えて、自宅に移動火葬車が出向いて葬儀をする自宅葬があります。火葬形態としては合同葬のみが合同火葬、つまり他のペットと一緒に火葬を行います。その他の葬儀では個別火葬扱いです。さらにお骨上げや返骨の有無なども供養の種類によって変わります。また最近のペット供養では霊園や納骨堂に埋葬するケースも増えており、自分の希望に応じた供養を選ぶことが可能です。

悪質な葬儀業者にも注意

大多数のペット供養業者は、お寺がやっていたり、葬儀専門会社が運営しており、良心的な経営をしています。しかし一部には悪質な葬儀業者もおり、法外な料金を請求する事例も起きているので注意が必要です。特に料金体系がグレーゾーンの業者は、追加料金を請求するような悪質業者の可能性もあるので料金表をよく確認し、料金総額についても書面で確認することがトラブル回避のためには重要です。またペット供養サービスはほとんど全ての業者が、対応エリアを設けているのでその点も気をつけて利用することです。特に移動火葬車を利用する場合は、出張できる距離が狭いこともあるので、事前に確認をしておいた方が失敗も少なくなります。あまり遠方からの利用だと出張料金が高額になるケースもあります。